wasted  (オランダ アムステルダム)

cut

 

「1万枚のドレスで作られたラビリンス空間」

 

オランダ、アムステルダムの運河沿いにある音楽ホールホワイエで設営されたインスタレーション。

オランダ在住のアーティスト・ピアニストである向井山朋子とコラボレーションして空間デザインと施工をおこなった。幅11m、奥行22.5m、高さ13mのドレスの塊は、内部に入った者の日常から引き離し、ラビリンスの中で自分自身を見つめ直すきっかけをつくる。信州・善光寺の「お戒壇巡り」に近いが、wastedは真っ白な空間を進む。

 

本プロジェクトは千葉大学の学生と共同で実施した。

 

    © 2014 Yoshihiro Kurita, Architect & Associates / nextstations / cut / Support team for Hisanohama Ohisa in Fukushima 

    All rights reserved.