Osteria Ristorante Bel Sogno  (東京都港区西麻布)

栗田祥弘建築都市研究所

「全席シェフズテーブルの夢舞台」

オーナーシェフの中本さんはOsteriaのような大衆的な雰囲気でRistoranteの質の良い料理を提供する場を作りたいと考えていました。

イタリアンレストランは伝統的に厨房とテーブルは分けて計画されます。その伝統的な空間スタイルを破り、厨房と客席が混然一体となった空間を計画しました。キッチンが舞台となって、ひとつひとつ料理が完成していく様を目の前で見て、香りながら食事をとるスタイルです。イタリアのバサルト石(玄武岩)でできたカウンターテーブルは奥行100cmあり、同じテーブル天板上で料理が盛り付けられていくのを見ることになります。最近シェフズテーブルというレストラン厨房内に特別なテーブルを置き、シェフの解説の下食事をする場所が人気を持ち始めていますが、ここは最初から全席シェフズテーブルを目指した場となります。

店の名前である「Bel Sogno(ベルソーニョ)」はイタリア語で「良い夢」という意味だそうです。シェフズテーブルで良い夢を体験してみては如何でしょうか。

    © 2014 Yoshihiro Kurita, Architect & Associates / nextstations / cut / Support team for Hisanohama Ohisa in Fukushima 

    All rights reserved.