まちと神社  (福島県いわき市久之浜)

久之浜大久地区まちづくりサポートチーム

 

神社の配置とまちづくりを考える

 

毎年5月に行われる合同神幸祭の神輿祭りにて、神輿の担ぎ手不足を解消するため、若い世代、特にこどもたちに向けてまちと神社との関係を分かりやすく説明するための小冊子「まちと神社」を制作。出来上がった小冊子は、いわき市立久之浜第一小学校の全校生徒、地域の主要施設等に配布された。

小冊子では、神社の必要性、お祭りではなぜ神輿を担ぐのか?といったまちの行事の素朴な疑問に答えることからはじまり、まちにある神社の説明、地域についてフォーカスを向けていく。

後半では津波や火事でまわりの建物が全てなくなったにもかかわらず唯一稲荷神社が残った必然性について説明し、ご先祖様からのメッセージを受け取り、今、自分たちが未来の人に向けて、メッセージを伝えていくことの重要性としてまちづくりへの展望を呼び掛けて締めくくっている。

 

/// 受賞

KIDS DESIGN AWARD 2014

 

    © 2014 Yoshihiro Kurita, Architect & Associates / nextstations / cut / Support team for Hisanohama Ohisa in Fukushima 

    All rights reserved.